リプロスキンでお肌つやつや~ニキビ肌とおさらば~

便利で効果の高い美容グッズを知る

おしりのニキビ

お尻にニキビができたら

座ると何か違和感があり、見てみるとお尻にニキビが出来てしまったことはありませか。お尻はいつも体重がかかる場所です。ですので、ほかの皮膚に比べると、摩擦も多く、肌への刺激が多くなり、角質が分厚くなってしまうのがお尻の皮膚なのです。角質が分厚くなると、毛穴が詰まり、吹き出物やニキビが多くなります。そして、一番蒸れやすい箇所でもあるので、なかなかニキビが治りにくい場所でもあるのです。対処方としては、いつも清潔にしておくことが一番ですが、蒸れやすい場所ですので、通気性の良い下着を選ぶことから始めましょう。また、長時間座りっぱなしもよくありません。適度に運動をして、お尻への体重を軽減させてあげるのです。またニキビには、適度な保湿も大切なのです。

専門医のいる皮膚科で診てもらおう

お尻なんて、医者に診せるのも恥ずかしいと思っている人は沢山いると思います。市販のニキビ薬でもなかなか治らない人は、思い切って皮膚科に行きましょう。相手はプロですし、慣れていますので、恥ずかしいのは一瞬だけです。そして、病院の薬は良く効きますし、アドバイスもしてもらえます。ニキビだと思っていても、粉瘤や何か違う病気の可能性もあるので、ここは専門医に診てもらうことをお勧めします。最近では、女性の皮膚科医も増えてきていますし、ネットでクリニックを検索すれば、男性か女性の医師か事前に調べることも可能です。普段から、清潔にしておくことがニキビを作らないポイントですが、自宅でできる予防法は、シャンプーやリンスをしっかり洗い流し、通気性のよい下着を着けることです。そして、ストレスをためないことです。